肝心な時に熱を測れない体温計は電池切れかUIが低いから(笑)

この間、風邪で病院へ行く前に熱を測ろうとするも、エラーエラーエラー・・・∞
・・・うーん電池切れらしい。

母に他の体温計があるか聞いてみて、出てきたのが・・・

ぢゃーん!!!

婦人体温計ーーー!(ドラえもん風)

More
[PR]



# by atpwebblog | 2012-07-08 20:16 | 健康・病気・気になる

速読トレーニングに心が折れそう・・・。ゲームにしようかな?

只今速読に挑戦中なのですが、失敗の連続で心が折れそうです(涙)


たま~にいますよね?本を読むのがえらく早い人。

私はどちらかというと本を読むのが遅く、内容によっては苦労して読むこともあるタイプなので、

本当にぱらぱらと本を読めてしまう人を目の前にして驚きのあまり言葉が出なかった事もありました。

More
[PR]



# by atpwebblog | 2012-07-07 14:39 | ニッキフォー

インプラント治療の意外な弱点

抜け落ちてしまった歯の代わりを埋め込むインプラントは、自然な状態と遜色のない義歯を与えてくれます。
しかし、体質によってはインプラント治療自体が出来ないらしいんです!
何が原因でインプラント治療が出来なくなってしまうんでしょう??

気になったから調べたんですけど、インプラント治療って本当にすごいですね!!

入れ歯よりも高くつくのが玉にキズですが、入れてしまうと仮歯の段階なのにぐらつきなしで硬いものもバリバリ食べれる!
入れ歯や歯冠とは比べ物にならない「噛む喜び」「食べる幸せ」が感じられるようになるんですって!
それに本物の歯に負けないくらい長持ちするから、
まさに一生物!

でも、人によってはインプラント治療が適応できないこともあるみたい…。

例えば、骨が成長期にある16歳未満の子供、骨粗しょう症を患っているお年寄り、妊婦さん、糖尿病の人。
そして意外なところではチタンアレルギーの人も…!

チタンはアレルギーを起こしにくい金属として知られてるけど、インプラント治療では歯を支える土台の原料として使われてるんです。
チタンを骨に埋め込むと、チタンと骨が結合した状態になって普通の骨よりも強固になる『オッセオインテグレイション』という現象が発生するんです。
このオッセオインテグレイションを活用して義歯を支えるのがインプラント治療の要。

でも、チタンに対してアレルギーを起こす人の場合、チタンに触れたことによって痒みやかぶれ、じんましんや呼吸困難などを引き起こしてしまうんです。
皮膚に触れただけでも軽く症状が出るのに、チタンを歯茎に埋め込むと症状がどのくらい重くなるのか想像できない、いや想像したくないですね…。
b0193833_1736890.jpg

そしてチタンアレルギーを起こす人は本当にごく稀にしか居ないけれど、決してゼロじゃないんです。

一応、チタン以外の金属や物質でもインプラントは出来るんだけど、チタンはオッセオインテグレイションが発生することで他の材質よりも強固に義歯を固定できるみたい。
それに、チタンによるオッセオインテグレイションの発見とインプラントへの応用が出来るようになってからは、チタン以外の材質でのインプラントは廃れてしまってるらしい…。

つまり、現代の最先端インプラントの弱点のひとつはチタンアレルギーってことなのだ。
アレルギーばっかりは完全に個人ごとの体質だからどうしようもないしねぇ・・・。

[PR]



# by atpwebblog | 2012-07-06 17:31 | 健康・病気・気になる

新米ママさんの日々の日常と思ったことのブログ
by atpwebblog

カテゴリ

全体
ニッキフォー
LINK
スキンケア・美容
グルメな一品
健康・病気・気になる
生活
資格・仕事
未分類

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧